07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

DVD4巻 ブックレット『ジュエルボックス』感想

2008/11/08
おはようございますーーー
まーす!!!

土曜日の朝は清々しいですね。

新しい朝だ!(ご機嫌♪

皆、DVD4巻入手したか?!

ブックレットは読んだか?!

読んだよな?

読んだよ!読んだよ!読んだよーーーーーーー!!

と言う訳でネタバレだ。
今日も壊れた私についてこられる勇者は続きをよんでけれ~

もう一回言うけど、壊れてるからな?








ジュエルボックス。もう巷で話題騒然だろ?
別冊2ぐらいのオマケっぷりじゃないですかっ?(ハァハァハァ

鼻息まで荒くなりそうなくらいですよー。
毎日読んでいる。


なにがって堂上さんがいつから郁ちゃんを意識していたかっていうのが
ハッキリ、クッキリ、バッチリ書かれているっていう事だよな?!

しかも、郁ちゃんとの思い出を『心の宝石箱』にしまってあるんだよーーーーー?!
ドンだけ乙女だっ教官!!!!


断じて気のせいとか言いまくりながら、素直に認めないところが堪らなくいい!!
萌えた!悶えた!転がった!!

やっほーい!!!!(アホ


郁ちゃんの仕事以外の面でのフォローも堂上教官の役目だったってのもヤッパリ!だし。
内心でも素直じゃない所が堪らなくいいですよねー。

荷物の中で寝る郁ちゃんとか。
掘りごたつの中に入り込む郁ちゃん(これ臭くないのか!?

隅っこでちっちゃくなる郁ちゃん、可愛いだろ!!
堂上さん以外でも、世話を焼きたくなる世話焼さんも絶対いただろう?と思った(笑)
そこを堂上さんに譲る辺り、親切なんだか余計な世話なんだかって感じだよな。

二次会に出られないでいつも送っていく堂上さん。
これがそのうち寮じゃなくて、ホテルになる訳だな!!

フンフンッと鼻息が荒くなったー。


しかもおんぶだから!おんぶだから!!
夏場なんてスポブラからのダイレクトな柔らかさがさーーーーーとか
HENTAIチックな妄想が満開だ!

秋でも冬でも頭の中にはめでたい花が満開だ!(微笑)

王子様の件であんなに爆発したのはこういう経緯もあったわけですねー。
俺より王子か!!!!!

と思っていたんですよね。

そんな事書いてなかったけどそうなんですよね!




箱があいたら『触れたく』なるんだよね!!

触ればいいよ!心行くまで触るがいいよ!!!!!

と勝手に叫んでみる。




堂上さんが見ちゃった見ちゃいけない夢はさーーーさーーーさーーー

当然アレに、ソレに、コレ!!!
だよね!!!


ギュッ、チュッ、グイッ(←ナニが?



とね!!!!!

何のことだろうな(爆笑)



そしてオマケの弓先生の四コマはステキ過ぎるよねーーーーーーーーーーーーーー!


必死で言いつけを守る郁ちゃんも頭ポンポンしてやらんとクギを指す教官も
可愛いよ!素晴らしいよ!!


翌日には絶対に、飲みませんでしたって郁ちゃん自己申告して
小牧から訊いてるとかってちゃんと調査済みだったりする教官が!

「今度のみに連れてってやる。いつなら開いてる」
「へ?あたし飲んじゃダメなんじゃないんですか?すぐ寝るから」
「隊の飲み会で俺がいないときに潰れたら先輩に迷惑がかかるからだ」
「あ、そういう意味だったんですか。言ってくれればいいのに」

ふくれっつら郁ちゃん
堂上さんポンポン

「で、いつならいい」
「じゃあ・・・今度の公休前とか・・・」
「次の公休前はあさってだな。分かった。なら明後日の夜はあけとけ」



とかっつってねー。二人だけの飲み会に誘ったら
何故か手塚とこまっきーもきていて、何でこいつらまで!!と。

「たまには班だけっていうのもいいよね」

って爽やかにこまっきーが笑って、堂上さんの隣に手塚がちゃっかり座ってるといい!と思った。
勿論帰りくらいは気を利かせるんだよな。こまっきー☆



という妄想が炸裂だ炸裂だ炸裂だ~~~~~~~~~~~~~~~!!!


すごい良かったよ



まさに

『ジュエルボックス』の名に相応しい一冊でした。



『ジュエルブックス』だなこりゃ!!!!!!!!

ウワー上手い事言った自分!!(自分で言うな!!


肝心のDVDは変態Dの登場の回か(笑)
フッ。





と言う訳で、叫びまくりだ。


あと一巻で終わっちゃうなんて残念無念だけれど最後のオマケまでシッカリ楽しむぞ

おーーーーーーーーーー!





07:00 感想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。