07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

寄贈品:『平団員:郁ちゃん』

2008/10/17
皆様こんばんは!

本日は、素敵な頂き物をしてきたのでじゃじゃんと公開!
桃庵の桃助様より頂きました。

先日、桃助様宅で素敵な郁ちゃんを発見して鼻息も荒く、下世話なミニ話を
あろうことか拍手コメントから投下してしまいまして。

そうしましたら、ミニ話掲載してくださった上にイラストの掲載許可まで頂いた訳です!!

すんごく可愛い郁ちゃんなので飾らせていただけて光栄すぎます。

桃助様宅で投下したのとは別の爽やか!乙女ロードに相応しい?
駄文をちょこっとつけて、掲載いたします~。


桃助様!!いつも有難うございます。
私は、桃助様のイラストでお茶吹いていますから!特にこの団長シリーズはもう!

堂上団長のお姿は、桃助様の桃庵さんで。
(コレとは違う私のアホな駄文も読めます。微妙に一昨日までの堂上さんに近いのは精神状態の問題かも)

また、堂上団長の素晴らしいSSはエスキユ様の図書館餡内さんで拝読できます。

と勝手に宣伝!



郁ちゃんカワイイヨーーーー♪と思われた方はぜひ!
桃庵 様で愛を叫んで下さいませ!






『写真の向こうに――』




「へぇ?よく撮れてるじゃない?」
「そう?」
「さすが、堂上教官。なれない携帯でも可愛い彼女の写真は一発で可愛く撮るとは!」
「ちょ!!別に普通!全然可愛くないっ!」

郁の携帯に映し出された写真をみてカラカラと笑う柴崎がピピっと勝手に
郁の携帯を操作する。

「ちょ!なにしてんの?」
「んー?貴重だからあたしのにも転送」

ニッコリと柴崎はまるで女神のように笑う。

「何、企んでる!」
「何にも!人聞き悪いわぁ」と呟きながらも楽しそうな顔には絶対何かがある。
「ウソ!」
「んふふー。大丈夫っ!バラまいたりしないから」


含みがあるのに、それを悟らせない。
結局結果が解るまで柴崎の企みはいつも読めないのが悔しい。

どう頭を捻っても解らないことは明白で、郁は溜息をついて自分の携帯を眺めた。

凛々しい堂上の団長姿を撮りまくった後にひっそりと追加された自分の写真。
堂上が撮ってくれた写真。

堂上と同じ写真がお互いの携帯に入ってる。

ただそれだけのことが凄く嬉しい。


『教官、今日頑張りましょうね!』

平団員:郁ちゃん





そう告げて振り返った、ほんの一瞬の出来事だった。


自分の写真を見て笑っているというのも奇妙なものだが
自分の写真の向こう側に、郁は堂上を見る。


 あたしの姿を捉えて、シャッターを押す教官はどんな顔をしていたのかな――


少しくらい、頬を緩めてくれていたらいいのにと郁は一人男子寮の自室にいるであろう
愛しい恋人を想った。







>>>

という事で!!
桃助様宅で勝手にログを見て妄想をして、爆弾を投下して逃げてきたら
なんと!!飾ってもいいですよと頂いてしまいました。

桃助さん宅で落とした爆弾は一昨日くらいまでのどーじょーさんに近い堂上さんで
自分トコに飾るのに、爽やか文章をつける、私は酷い人かもしれません(笑)


堂上さんの団長姿を見ていない方は桃助様宅へ直にGOです!
そして、素敵だと叫びまくって下さいませね★



桃助様!!寛大なお心に心から感謝しております~。
21:08 寄贈品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。