09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

SS頂きましたよ! 第十一弾!!

2008/09/03
皆様こんばんわ!


今日は、いただいておきながら出すタイミングをニヤリとうかがっていた一品を。
皆様にお届けしますよ~~。


S 様ありがとうございます!


本当にSさまにいただきっぱなしです。

堂郁 夫婦設定 R15指定で! テーマ:暗闇の中で×××




暗闇の口付け





「篤さん!これしてみたい」
TVを見ている郁の横で、本を読んでいた所、急に話しかけられて堂上は顔を上げた。

目をランランと輝かせている郁の表情に、何を言っているのだろかとTV画面に視線を向けると、
新婚の俳優がのろけを口にして、司会者にからかわれていた。

女性が語ると可愛いものだが、男性側から語るような話でもない気がするのだが、
よくよく話を聞いてみると、寝る前に電気を消した後、真っ暗闇の中お互いに抱き寄せ
あい、キスをするという。

一回で出来ないから何度も繰り返す事を恥ずかしそうに言っているのだが、
「面白そうじゃない?」
とても楽しそうに笑っている郁が再度問いかけてくる。

お互い勤めている職種上、夜間の襲撃なども体験しているせいで夜目が利く。
さらに結婚前の官舎裏の密会も闇に隠れてのもので、それに近い状態だったと思うのだが、郁的には違う感覚なんだろう。

「今晩でもしれみるか?」
苦笑しながら頭を撫でてやると、郁が嬉しそうに抱きついてきた。
その身体を受け止めながら、抱きついてくる分には恥ずかしくなくなったんだなと考えていた。



その夜。
「…んっ」
微かな吐息が郁から洩れる。
そんな中郁が肩を何度も押す仕草をするから、離してやると腕の中から不満の声が上がる。

「な、んで…篤さん、一発でできるの?」
その内容に堂上としては苦笑しか出てこない。

遮光カーテンのせいもあるだろうが、部屋の中は真っ暗だ。
考えてみると、夜間訓練も夜間襲撃もどこかかしかに光源はあったし、官舎裏でも建物の明かりが遠くから見えていた。
そして、ホテルに泊まった時もフットランプなどの間接照明をつけていたし、今現在も本当に眠る時以外は微かな明かりをつけるようにしていたから、本当の真っ暗はあまり体験していなかったのかもしれない。

もう少ししたら夜目も利いてくるとは思うが、先ほどから何度か挑戦している郁は、
唇の端など完全に合う事が出来ないでいた。
当てた所からズラしていけば良いものを、完全に一発で当てようと躍起になっている。

それも堂上が最初っから当ててきているせいだ。
官舎裏での密会時から遠くに微かな明かりがあるだけで、殆ど暗闇に近い状態の中繰り返してきたのだから間違うはずもなく、経験値と言ってしまえばそれまでだが、多分目を瞑っていても出来る自信が堂上にはあった。

ようやく手に入れた愛しい恋人を抱きしめたのは付き合い始めて8ヶ月もたってから。
その間に想像しなかったといえば嘘になるし、抱いてさらに想いは積もり、手が、身体が郁の全てを覚えている。


間違うはずがないだろうとは郁に言えない事だ。

「ん」
そして、キスをするために近づいてきた身体を抱きしめならが、堂上は内心楽しんでいた。
再び触れてきた唇は、やはり少し横にズレて、堂上の口角辺り。
自分達だけの家と暗闇で見えないから出来る事だとは思うが、今まで恥ずかしいからと一切自分からしてきた事のない郁が、自分からしてくるのだから、本当の意味での二人きりの城が出来て嬉しいと思う。


少しずつ慣らしていけば、抱きついてくるのと同じように自分からしてくれるようになるかな?と打算しながら、再び離れようとした身体を抱きしめ、押し倒す。
「ちょ、篤さん!まだしてるのっ!後もうちょっとなんだからっ!」
郁から不満の声が上がるが、散々煽られたのだ。責任は取ってもらおう。
とばかりに郁の声を無視して手を際どい所へと触れるとビクッと微かな反応が返ってくる。

「ちょっと待って!だめぇっ!」
布ごしの濡れた感触が郁も煽られていた証拠だ。
「タイムアウトだ、あきらめろ」
再び迷いも無く深い口付けを与えて、郁の抵抗を一つずつ外してゆく。
郁の抵抗がなくなった所で、一旦唇を離すと、暗闇になれた視線の先に、自分だけの女の表情をした郁がいる。
「…ず、るい」
でもまだ悔しいのだろう、出てきた文句に堂場から更に苦笑がもれる。
「経験値の差だな。明日もまた挑戦すればいい」

耳元で囁きながら、背に手を伸ばすと、その意図がわかったのか郁が微かに背を浮かせてパジャマを脱がす手伝いをしてくれる。
それは同意ととっても良いと言うことで…。


「明日こそ絶対決めます」
勝気な郁の台詞に、堂上が軽く噴出す。
本人は気付いていないが、明日からしばらく楽しみが増えたと、堂上が甘い笑みを浮かべながら、腕の中の身体に集中していった。

Fin




S様が見ていたテレビで実際にこういう事をしている夫婦がいたそうです!!
いやー。すごいですよね。

そしてそれを堂郁にしてくださったS様にも感動だ!


そしてR指定のムードバリバリなS様の作品初めてで心拍上がった。。。

S様素敵なバカ夫婦をありがとう!
やる気ありすぎ夫婦が堪らなく好きです。

いい口実もらったと堂上さんはニンマリだ!

いい夢が見れそうです☆
21:29 図書館SS(堂郁)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。