09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

行ってきました!映画初日★ 

2012/06/29
6.30 最後に追記あり



またしても浮上。

皆様こんばんは。
大した事をかけていないのに、拍手を入れて下さったりメルフォからメッセージを送ってくださったりといつもありがとうございますm(__)m

三等子育て士のたねです。
ミッション2:泣きの理由を探れ! にトライ中。
新技として、先輩子育て士から伝授された【スリング】をマスターすべく奮闘中

さてさて、そんな中!

2012年6月16日

ついにやってきました!ムギトロの日!じゃなくて、映画:図書館戦争 革命のつばさ 公開初日ー!
ドンドンパフパフ ドンパフパフ!!

と言う訳で、ついに公開されましたね!

皆さま既に劇場に足を運ばれましたでしょうか?
たねは、先日ちょろりとお話した予定通り、無事に新宿の舞台挨拶付きに参戦してきました!


なんというか、こう一言で言うと――

感無量

と言う感じです。


まえぬ本人も舞台挨拶で、エンドロールのテロップの所に自分の名前が出たのを見た時にはジンと来たみたいな事を言ってたんだけども、私も同じでした!

いや、私は出演してるわけじゃないんだから関係ないっちゃないのだろうけど、でもなんだかエンドロールの所って凄くジンと来る所ですもんね(笑)

おっと、ここで語りだしたらネタバレーニョになってしまうので
当日の私の行動録と共にちょびっとだけ感想でも。


ネタバレ注意、肝心なところがナイ!ほぼどうでもいい行動録?なのでご興味のある方だけ



2012年6月15日 深夜

映画公開初日まであと数十分という頃合い。
ちょっと長い事敷きっぱなしじゃないの?というシーツの上でたねは、目覚めた。
(最近はチビキング時計の為、9時半過ぎて寝出した時は一緒にウトウトしている)

あとちょっとでパイミン(授乳タイムですね。ミカンとパインの缶詰の事じゃないですよ!)の時間だなあと思っていたら携帯の着信ランプが光っている事に気付いた!

着信は【まえぬの事なら郁ちゃんばり!】
素晴らしい瞬発力で活動を開始してくれるねこまたさんからのものでした。

お電話着信だったものの、もう既に遅いうえに夜行バス移動と聞いていたのでメールでお返事。
【ゴメン。寝ちゃってたヨ】的な(^^;;

すぐさまお返事がピロン。

暗闇の中で光る液晶画面が最近は唯一のお友達。

どうやら明日、劇場に発券しに行く時にグッズ販売見てくるけどパンフとかいるものあるかいー?というお心遣いの内容。
既にグッズ関係も事前に代理をお願いしているにもかかわらず!!

感謝で携帯を持つ手がフルフル。

お気持ちだけで十分デス。なんて謙虚なお返事――をする訳もなく。
ガツガツと希望を申し伝える(遠慮しろ!!)

予想通り過ぎたらしく、電波の向こうで笑われました(微笑)

郁ちゃんならば「どうして解るのぉ?!」と闇の中で光る携帯に叫んだ挙句
柴崎辺りに「笠原うるさい!」と怒られるだろう(笑)

ねこまたさん、ほんとにいつも、お手数をおかけした上重量物を運ばせてしまい申し訳ありません。
とこんなトコでお礼とお詫びを改めてm(__)m

ハァハァと興奮していると、母の異変を察知したのか
隣で寝息を立てていたチビキングがモゾモゾと動き出す。

来る!
と解るものの逃げ場なし(そりゃそうだ)
それは、まるで目の前に敵がいる一方通行の動く歩道に乗っているかの如く(ハイ?!)


まあ、予想通りあっという間にハラペコチビキングにエンカウント。
みるみる顔が赤くなりギャアァァァーーン!と。

赤ちゃんて凄いですよね。
あんなに小さな体であんだけのボリュームを絞り出すのは相当な体力を使うと思うのです(遠い目)
しかも、ヒッヒッときたらいきなりボリュームマックスできますからね!

音量調整ボタンはどこだ!?

そう、それは彼らの腹の中にあるのです。。。

解ってるから。すぐ準備するからちょっと待ってぇと言った所で通じないのがまた、ね。。。
アタリマエですけれども!

ども!!

一人の時はソローと窓――閉めます(苦笑)

なんか近所の人に誤解されそうで怖いチキンソテーぶりです(^^;;

とまあ、赤子の不思議はさておきまして
出来れば長めに寝てくれたらいいなぁなんて思ったものの、ご機嫌が悪くて結局朝の三時くらいからはずーーーっとグズグズ。

9時半に旦那が帰宅するまでグズグズをやり過ごしつつ、精一杯の準備。
久しぶりのお出かけ!久しぶりのまえぬ!久しぶりの皆との逢瀬!

ああーん柴崎ぃ、どの服がいいと思う?!
とか聞ける相手もいない上に、産後の腹はブヨブヨシワワ。

しかも精一杯のオサレにスカート的なものでも履いて行く?!なんて思ったのは一瞬。
残念なことに雨。
しかもちょっと肌寒い雨。

さすが、たね!雨女たね!

結局は精一杯のオサレはおろしたてのシャツを着たくらいです。
ジャスコで980円のシマシマシャツです(笑顔)

見た目には、まぁああああったく解らない心の中の自己満足オサレ。

毎回重要なのは、誰もたねの服装なんか気にしていない!というコト。
うん、そういうものだよね。ウフフフ。

堂上さんならば郁ちゃんのお洋服やらお化粧やらを見て
「いつもと、違う」とか言いながら心の中では「いつものお前もいいが、そんなお前も可愛いもんだな」とか思っちゃってるだろうけども!

おっと、ズレズレとズレてしまいましたが精一杯フツーの格好をして
旦那にチビキングを預け、たねは家を飛び出した!

そりゃもう!久しぶりの解放感!

新宿に行っちゃうんだぞー!

電車に乗っちゃうんだぞー!

ランチをしちゃうんだぞー!

グッズ買っちゃうんだぞー!

映画までみちゃうんだぞー!


てな具合でテンションは上がりまくり。

一人でおでかけなんて久しぶりすぎる上に、奇跡の大復活(一時期、下がり気味だった)の図書館戦争の映画を見られるなんて!
しかもお外でご飯食べるなんて!!

電車の中ではきっと寝不足だからすぐ寝ちゃうだろうなぁとか思ったものの。
人間、興奮すると色々吹っ飛びますね?

眠れなかった!!

いつもなら長く感じる電車の時間もやけに早く感じました。
都営新宿に乗り換えて市ヶ谷を通過して新宿三丁目に降り立っただけで、もう革命コース散策気分♪


とはいえ、満喫している時間はなくランチタイムのお約束時間が3分前!
すでに遅刻確定(コラ!)

確かこのあたりだったけどお店の名前忘れちったという事で(マテ)

ライフライン:テレフォーン★

開口一番「もしもし、ねこまたさんですか?こんにちは、たねです。お店はどこですか?」てな具合。
事前にメールでURLまで送ったはずなのに――とねこまたさんはきっと呆れていたに違いない?

いや既にそこまでしっかり読んでくれていたのか、ねこまたさんはねこまたさんで
「私は案内下手なので、よーこさんに変わりますネ♪」とあっという間に選手交代(笑顔)

いきなりの無茶振りでも、堂々。
「こんにちは、よーこと申します」と丁寧なあいさつ!

よーこさん、私だよ!たねだよー?
水臭いじゃない~とか思うたねは乳臭い。

(↑余談だけれどなんかチビキングと暮らすようになってから謎の甘い匂いに付いてこられる!赤子の香りか乳の香りかは不明だけれど、突然ふわーーんと甘い香りがするのですよ!不思議!勝手に乳の香りと思っているけれど実際は不明)

早速居場所を伝えると、まるでどこかに空飛ぶ小型カメラでも飛ばしているのかと思うほど的確な道案内!
よーこさんいつもお世話しかかけてませんm(__)m

いつかもっとイイモノをかけられるようにガンバリマス(何をかける気だ!)

そんなわけで、到着したお店はイタリアーンなムード。

待ち合わせです8人くらいで予約してありますと伝えたら即案内してもらえました。
皆さんと、久々のご挨拶!!

はっきり顔が解ってるのは実はねこまたさんとよーこさんのみ(ちょ!)
毎度ですが私顔覚えがとーーーーーっても悪いんです。

ただ、前回一度お会いしたrabiさんとまえぬイベントでちょいちょいお会いしているあすかさんという方は
確かそうだ!という感じで解りました(堂々と書くような事じゃない!)

お久しぶりなご挨拶を済ませたらすぐにお食事の注文。
こういう時ってついつい会話ばっかり優先して注文が遅くなりがちですよね(^^;;

しかもお隣は、人生の先輩&母としても先輩なねこまたさん!
もうウツウツが溜まりまくりだっただけに、きぃてくださいよぉな状態に。

楽しいイベントのランチだっていうのに、ほんとスミマセン。
周りにいた若いお嬢さんたちにもご迷惑を(苦笑)

そんなこんなで、パスタランチを楽しんだ後にお願いしていたアイテムを引き取ったりチケットの清算をさせて頂いたり楽しい時は、本当にあっという間。

迫りくる時間に追われて一路劇場へ!

もうね、ドキドキです!ワクワクです!ソワソワです!ってな具合で映画の為に集まっている人たちを眺めつつニヤニヤ。
皆図書館戦争が好きな人達なんだと思うとこんな嬉しい空間はないですよね!

そして、入場するなり偶然バッタリ、信長兄ぃさんに遭遇(驚)

「は、はじめましてっ!」と緊張気味にご挨拶。

正確にははじめましてではないのですが、同人イベントでチラリとご挨拶した事がある程度だったので。
(お会いする予定だったオフはなんだかんだで2回ともお会いすることができなかったのです)
よーこさんにご紹介頂いて、ついに初めてじっくりご挨拶させて頂けました。

いつもすんばらしいアイテムを頂いているにも関わらず、きちんとご挨拶できなかった失礼ぶりで
あとからもっとちゃんと頂いたねんどろいど達が我が家でいかに活躍しているかをお伝えすれば良かったーーー!とか後悔。
脳味噌の回転率元々悪いのに仕事を辞めたせいかますます鈍り中(==。

信長兄ぃ様は――凄くカッチョイイ系の美人さんで、持ってるアイテムもなんだかチョイ和風でいかにも信長兄ぃ様!っていう感じでした。
なんつーかスタイルがいいんだっ!出るとこ出て引っ込む所は引っ込むっていう!
「どうやったらそういう体型になんのよー!」って叫ぶ郁ちゃんの気持ちが良く解る瞬間。。。

私なんて、産んだ後の腹がタルタルシワシワクログロで。
このままの状態では温泉にすら入れないくらいの悲しい姿になっております。

おっと話がズレまくりましたが、そんな訳で偶然にもご挨拶をさせて頂け
しかもお席がなななーんと斜め後ろだったという奇跡!
ちなみに私のお隣はrabiさんでrabiさんの後ろが兄ぃさん
兄ぃさんのお隣で私の後ろが沙羅さんでした。

あの会場に実はブログで交流させて頂いた方何人かくらいはいらっしゃったのだなぁと思うと
お一人お一人ご挨拶して回りたい気分でした(><)

そしてついについに映画が!
興奮して隣の人に迷惑をかけちゃいけないわ!と思いつつもrabiさんには事前に気にしないで下さいネとお伝えしてあったので、あとはもう片方のお隣の方にご迷惑をかけないようにしなくちゃね!

と思っていた訳ですが――

空席だった!!!!!

うーん(^^;;

これはもう、遠慮なくHENTAI的に興奮して良いと言う事だろうか。

これがもしも、堂上さんと郁ちゃんだったら端の席が取れなくて
郁ちゃんの隣に男が座らないように堂上さんが三つ席を買ったんだね?!とか思う所な訳でして(笑)

郁「アレ、満席なのにお隣空席みたいです。教官」
堂「そのようだな。急に都合が悪くなったんじゃないのか?」
郁「そうかもしれないですね。今日は舞台挨拶もあるのにきっと残念に思ってるでしょうね」
堂「まあやむをえない事情かもしれんしな。ほら、もう始まるぞ」

とか言ってさり気に暗くなった途端ギュっと手とか握ってくれるとイイ!!!

たねは自分で自分の手を握りました。
興奮を抑える祈りのポーズ♪

おっと、また変な所にダイビングしちゃいましたがそんな訳で始まった映画。
なんていうか興奮しすぎて始まったのに実感が沸かず。

とにかく、夢を見ているような気分でスクリーンを眺めていました。

とりあえず全体的に思ったのが、堂上さんの声がちょっと低くなってはいませんか?気のせい?
なんとなく男っぽくなったと言うか。
まあ、まえぬの4年分の経験が上乗せされた声とでも申しましょうか(笑)

アニメの時はやっぱり固さが結構あったからなのかななんて。
まあそれでも堂上さんボイスにメロメロメロンでした(><)

映画の端から端まで感想を述べていたらいつまでたっても書き終わらないので
私的萌えor気になりポイントだけ。


1.アニメ版の堂上さんが着る服ってちょっと可愛くないですか?!(笑)
  コートの帽子?あのモコモコのトコがなんとなく個人的にギャップ萌え♪
  
  教官がフード付きってなんだか、可愛いです。なんて郁ちゃんに言って貰いたい★
  俺だってフード付きくらい着るわ!悪いか!とちょっと不貞腐れて欲しい~。

2.洒落た格好して来てるのトコは、もっとこういいずらそうに!
  ボソボソーってな感じで言ってほしいかもー?!

  郁ちゃん正直に照れてましたが、大ボケバージョンならば
 「洒落た格好?!洒落てますか?!私!良かったー!」とか喜んで
  柴崎に見立てて貰ったかいがありましたっとかボローンと(笑)

3.喫茶店の暖房が今時珍しいストーブ?!(インテリア?)

  妄想郁ちゃんならば、アワアワした挙句ストーブに突撃。
  もしくはちょっと近づき過ぎてチリチリっとかいっちゃって大騒ぎ(笑)
  「アホウ。何やってるんだ!ヤケドしてないか?!」
  と堂上さんは急接近してくれる展開で♪

4.喫茶店のシーンは色々カットされていて超残念。結構な見どころなのにぃ。
  ケーキも違っておりましたね。実際のモデル店舗のメニューから決めたのかしら。
  一口目は云々とかもカットさていたし。
  俺だって楽しみな外出なら服くらい悩むぜベイベ
  (こんなセリフじゃない!)の辺りのやり取りがナイー!

  でもカップの鳥さんは確かに可愛い♪まるで二人の様ね~。
  ウフフフンと口の端が引っ張られましたとも。

5.映画版のオリジナルキャラの設定に教官めぇっぇぇぇと思う(コラ)

  郁ちゃん以外にもあんなカッチョイイ事してるなんてっ。
  どじょさん何回見計らいしちゃってるのYO!
  (したかどうかは表現されてませんでしたが)

  堂上さんに憧れて集まって来た女性大集合バージョンていうのもおもしろそうだと思いました。
  郁ちゃんが、あたしだけじゃないんだ。そうかそうだよね。
  あたしなんてたくさんの中の一人なんだとマイナスループにはまる方向で!!(笑)


6.メガネのシーンで、俺が買ってやるを断られた堂上さんに激萌え!大好き!(笑)

7.稲嶺顧問宅でのシーンがやっぱり見どころ満載?!

  ・茶碗を洗う堂上さんに激激萌え萌え!!結婚したらこうやって茶碗洗うんだねぇとか妄想は果てしない!
  ・キャラ読みを語る郁ちゃんの可愛さに爆笑。ホームランバーの辺りがこの映画一番のヒットだった(ちょ!!)
  ・折り紙。郁ちゃんならば意外と器用に折り紙とかおりそう!という予想に反してぶきっちょの方が表現されていた★
  ・郁ちゃんの王子様トークを聞いた当麻先生が意外に超普通で、郁ちゃんじゃないのに拍子抜け。

8.堂上さんのドライビングテクニックが凄い!!皆どこで練習してるのだろう?

9.コンテナの上にヘリが落ちたら!と気にしているけども、そもそもヘリが上に落ちなくてもコンテナが落とされたらアウトだから!!と突っ込みたくなった(笑)

10.意外な作戦だった割に、良化の準備が万端すぎて凄い!

11.車の中の郁ちゃんと堂上さん。キター!と叫びたくなった!
   あのままの状態でコンテナが開けられちゃって、噂になって頂きたい♪

12.柴崎とお兄さんのてんぷらやでの会話に隠されたシャレにニヤリ
   その携帯どうやってせしめたんだ?の後に出されたてんぷらが【キス】だった!!
   「キスでございます」という板前さんに拍手♪

あとはもう!!超見せ場の所ですね!
堂上さんを担ぐ郁ちゃんとか!
書店のバックヤードでの二人とか!
郁ちゃんの意外と上手そうな?ドライビングテクニックとか!
当麻せんせいのおばちゃん扮装とか(笑)

当麻先生を連れて屋根の上を逃げる郁ちゃんのシーンがなんか某ジ●リ作品見たいだと思ったのは私だけ?

個人的には書店バックヤードのシーンは原作っぽい方が好きかもー!
あの状況で置いて行かれる俺に身にもなってくれ的堂上さんが見たかったYO!

あと、その後良化とやりあう郁ちゃんを押し倒したと言うか引き倒した?良化隊員さん。
堂上さんがいたら大変な事になるぞ!と思ったり(ソコ?!)

ジャーンと登場した特殊部隊の面々に、郁ちゃんばりに興奮したり!
良化の皆さんが揃って銃を構えて待っているラストの方のシーンで例の良化隊員さんだけが一人、ヘルメット?
付けてないのが不自然すぎるからー!って突っ込みたくなったり(笑)
せめてあの列じゃない所で別の役割ならばメットつけてなくてもまだ違和感がなかったのではとか思ったり?


あの状態で車で突っ込んで郁ちゃんはどうするつもりだったのだろう?と冷静に疑問に思ったり。
明らかに負ける!そこが郁ちゃん?(笑)

あのシーンを堂上さんが見ていたら間違いなく「アホか貴様ー!」が炸裂するだろう★

色々突っ込み所はあれど、後の見どころはもう!
例の!あのシーン!

階級章返して言っちゃうゼ!のシーン!!


これもオリジナル設定に書き変わっていましたが、ついについについに!

感無量。

できれば、言ったらどうなりますか?の辺りのやり取りで郁ちゃんがもう遅かったんだと誤解する所は
もっとこう堂上さんが慌てる感じで郁ちゃんが今にも走って帰っちゃいそうな感じを醸してほしかったーーーー!(笑)

あとチューで境界が変わって、お茶とか飲みたいという甘えを見せるどじょさんも見たかったかも!!
シーン変更で病室じゃなくなっちゃってたので残念でしたが。

しかし、王子様うんぬん話を堂上さん普通に受け入れていたような?
どっかに自分が王子様ってバレた事に気付いた描写があったかしら??


そしてラスト!

郁ちゃんが堂上教官になってる未来シーンで、建物から見てる夫堂上さんの勝ち誇った笑み!
じゃなくて階級章が二正のまんま(^^;;

郁ちゃんが三正に昇進しているのに、堂上さん昇進に失敗(笑)

恐らくあの時の階級章っていう意味でそのままにしてあるのだろうと思うけども、アレ?!カミツレ二つ?!と目を疑ってしまいました(^^;;

そしてエンディング。

もう、頭真っ白。放心!

終わった後にrabiさんにエンディングの歌も素敵ですよね?
と言われて、歌が頭に殆ど残ってない事に気づく(ちょ!)

なんだかもう本当に真っ白になっちゃって。
ウフフと微笑み返すのが精いっぱいでした。


4年の歳月を越えて、念願だった革命を劇場版で見られるとは夢のようで。
これは別冊OVAもアリなんじゃとか夢を見る(笑)

しかも映画化によってララでの取り扱いもかなり大きくなった事がまた嬉しくて堪らないファン心理。

色々あったらいいのにと思ったグッズも大量に展開されて。
節約しなきゃならないのにグッズ貧乏に(買い過ぎだ!)

あのラジオも戻ってきて!
すぐに戻るから待ってろよーと鈴木さんが叫んでから4年も待ったよ!
まさか四年後、自分の子供の前で新たな二人のトークを聞く日が来るとは思わなかった!
(まだ内容は解らないからと子供の前で堂々と再生してみたけれど、果たして成長に影響があるのか?)

図書館戦争に出会って、大好きになって、ブログを始めて、たくさんの大好き仲間の方達と交流して
たくさんの友達ができて、4年前は想像もしてなかった赤ちゃんが我が家にやってきて。

なんというか、全然変わってないと思った4年の間にたくさんの大切なものが増えていた事に改めて気付かされました。


まえぬじゃないけれど、私の人生の中で図書館戦争は【特別】な作品で、この作品に出会ったから今があるのだと。
私の人生を大きく膨らませてくれた図書館戦争が映画をきっかけにもっともっとたくさんの人に愛されて広がっていけばいいなぁと。

素晴らしい作品を生み出してくれた有川先生、関係者の皆様に心から感謝したいと思ったイベントでした。





PS
実は、二週目も入場特典が欲しくてコッソリ幕張の映画館まで走った上に一人なのに二人分チケット使って特典二つもらった事は秘密デス(オイ!)




ってここまで書いて、書けたー!とか思った訳ですが肝心の舞台挨拶について全然触れてなかった事に気づく!

アホか貴様!何しに行ったんだ!!!!!

と怒鳴るどじょさんの声が聞こえてきそうですが、これ書くだけでで2週間もかかっちゃったので(え!?)
舞台挨拶についてはまた後日にでも(本当か?!)

舞台挨拶もね、なんというか素晴らしかったですよ(><)


2012.06.30 追加
一杯買ったグッズ!!!
大人気になって、ひとつでもたくさんの映画館で上映されますようにー!
2012063001.jpg

2012063002.jpg

郁「教官!ついに出来上がりましたよ!図書隊公認のおまんじゅうにデスクマットです!」
堂「100歩譲ってデスクマットはともかく、図書隊と饅頭とどう関係があるんだ」
郁「本を読むと頭を使うから甘いものが欲しくなるからに決まってるじゃないですか!」
堂「……キャラ読みのお前がいつそんなに頭を使って本を読んだのか教えてもらいたいもんだ」
郁「うっ。そ、それはその――なんていうか」
堂「なんだ?反論があるなら聞くぞ?」
郁「この二人はこの先くっつくのかなぁ?とか色々、先の展開を考えたりするんですよっ」
堂「どうせ考えるなもっと本筋に関係する所を考えろ!」
郁「いいじゃないですかっ。と、とにかく開けてみましょう」

2012063003.jpg
郁「あれ?教官!中身は意外と普通のおまんじゅうでした!」
堂「……これはパッケージだけか?」
郁「あ、でも一個ずつ饅頭って書いてある所がなんて言うか親切ですよね。きょ、教官もひとつどうですか?」
堂「――折角だ。一緒に食ってみるか。コーヒーとお茶どっちにする」
郁「おまんじゅうには日本茶ですよ!ってあたしが淹れます!」
堂「いい。座ってろ」
郁「でもっ」
堂「お前に頼んでうっかりカップでも割られたら堪らんからな」
郁「ちょ!それはこの前謝ったじゃないですかっ。ていうか割れない様にステンレスにしたからもう大丈夫だって言ってたのは教官じゃないですか」


なんて。
ドア開けたら、覗き見の皆さんがドドドっと倒れこんできてほしい♪



19:40 雑記(日常・その他)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。