09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

くつろぎ =ねこにっき=

2011/05/15
おはようございます!

日曜日ですね★
いつもご訪問ありがとうございます!
たくさんのコメントも、心から感謝です。(ペコリ)

先日までの雨が一転、昨日は凄い晴天で病院日和でした(病院日和?!)
上咽頭炎とかいうのの治療で毎週土曜日にちょっと有名な?耳鼻科に車で45分くらいかけて通っているのですが、この治療のイッタイことイッタイこと!!!

塩化亜鉛塗布というやつなんですが、初めてやってもらった時にはもう!翌日まで凄い風邪をひいた喉の痛みに歩いているだけで涙ボロンボロン出てきました(やり続けて治ってくると痛みが薄まって感じなくなるらしい)

もういい大人なので声を上げたりはしませんが、どんなに堪えても溢れだす涙だけは止められない!
先生も痛いのが解ってるもんだから笑いながら「痛い?」と聞いてくるので「イターーーイ!」とボロボロ泣いていると、頑張れと言わんばかりに肩ポンポンされます。

なんかスゲ嬉しそうに笑ってるけど先生はSなのかな?
患者に安らぎをくれようとして笑ってるだけなのかな?

まあ、そんなこんなでそう簡単には治らないのでまだしばらく通い続けなきゃならないのですが、物凄い混む病院なので朝の7時45分から並んでも1番になれた試しがありません。
トップの人は一体何時に来ているのだろう?

凄い時は診察開始が9時なのに、午前中の診療受け付けが9時20分で終わってしまうという凄さ!!
ほんと驚きです。

郁ちゃんがたまたまこの治療をしてもらって、ボロンボロン泣いて戻ってきた所に堂上さんがたまたま居合わせたら
堂「笠原?」
郁「……」
堂「何した?!なんで泣いてるんだ!」
郁「……なんでも」(喉が痛いから言葉少な)
堂「何でもない訳ないだろうがっ。そんなに泣いてて」
郁「ほんとに――へいきです」
堂「――俺には話せないようなことか?」
郁「ち、がいますっ。そうじゃなくて」
堂「笠原」(マジモードで大接近!?)
郁「きょ、うかん?」
堂(ギュッ)「ハンカチがわりだ」(←デター!)
郁「ありがとうございます。でもほんとに泣かされた訳じゃなくて。泣かされたって言えばそうですけど、でも仕方ないことなんで」
堂「どんな状況だろうが、お前がそれだけ泣いてるんだ。相当な事があったんだだろうが」
郁「すごく、痛かったけど。すぐ治ります」
堂「怪我したのか?!どこだ。見せてみろ!」
郁「えっと。見せるのはちょっと」
堂「見せられないような所に怪我させられたのか?」
郁「奥の方だからみえないっていうか」
堂「奥ってまさか……どこのどいつに襲われた!!」
郁「おそわれ?」
堂「無理やり、何かされたんだろう?!」
郁「無理やり――じゃないです。あたしがお願いして」
堂「アホか!貴様。なんで、俺に一言相談しないんだ!」
郁「だって、教官に相談してもきっとそうしろって言うと思うし」
堂「そんなわけないだろうが!」
郁「へ?でも、喉の調子悪い仕事にも差し支えるし、病院行けっていいますよね?いつも」
堂「――病院?」
郁「そうです。喉に変な薬塗ってもらったら凄く痛くて。炎症はすぐに治るらしいんですけど凄く痛くて涙が止まらないんです」
堂「奥って、喉のか?」
郁「そうですけど。教官はどこの奥だと思ったんですか?」
堂「紛らわしい言い方をするな!病院に行ったなら言葉を濁さないでそう言えばいいだろうが!」
郁「しゃべるのも痛かったんですっ」
堂「……たく。焦らせるな」


なんて感じで、堂上さんは郁ちゃんが他の男に強引に?!何をされたと思ったのか解りませんが♪
喉痛いのに酷いですとウルっとした辺りで、慌てて詫びにアイスでもおごってやるとか言ってご機嫌をとるといい★

この光景を見ていた隊員の間で、堂上が言いあいをして笠原を泣かせてた。とまだ付き合ってもないんのに破局説が流れたりしてナ!

そうそう、全然関係ないのですが7月2日!!!

オトメイトパーティ2011の1日目に前野さんがご出演予定ですねー?!
オトメイトモバイル会員になると、先行抽選予約に参加出来るみたいなので、早速登録してきました。

18日から申し込みができるみたいなので、当たりますようにと願いながら昼の部と夜の部にトライしてこようと思います。
私もトライです!という方がいましたらお互い当たりますようにー♪

旦那にもオトメイトモバイルを登録させて参戦させようと画策中です。
当選率はどのくらいなのだろう??


さてさてこの下はですねー、猫デス★






変な前足開きポーズ★
2011051501.jpg


最愛の夫の膝で至福のおっさん。
2011051502.jpg


凄く寒かった日に椅子に置いてあったクッション。
ならぬ見事な丸さのデブリ姫

成形後の餅のようでもある?二段目に乗って一緒に猫組体操【鏡餅!】をやってくれる小柄な白ネコちゃんを大募集(ウソです(笑))
2011051503.jpg


昨日の窓辺。
珍しすぎるツーショットに思わず【ねるとん】的な実況中継をつけてしまいました。
2011051504.jpg

「おおっと、サバが向かったのはデブリさんの隣だ。何を話しているんでしょうかね。なんとなく会話が盛り上がっていないか?!」

なーんて感じで(笑)

デブリとサバは超犬猿、と勝手に思っています。

デブリ様は孤高の女王なので下々(と思ってるだろう)の者とはみだりに接触しないのです(ハイ?!)




話がいきなり猫じゃなくなりますが。花と悪魔を私の紹介読んで大人買いしてくださったというコメントを頂いて一瞬面白くなかったどうしてくれるんだと言われるかとドキドキしました(笑)

気にいって頂けたみたいで凄くうれしいです(って私が描いた訳じゃないですがね(笑))

花と悪魔、私はまだ買ってないのですが(スキビを買ってしまったので!!)
やっぱ欲しいかな。イヤイヤどうしようとさんざん悩み中です。でも大好き★


今読んでいるのは、お話がまるきり違うジャンルの漫画でウルトラブラックです。
まさにウルトラ級にブラック!!!!!
誰一人として幸せになれないんじゃないのか?!というくらいに、痛悲しい。
救いがない訳じゃないので、ちゃんとコミカルなシーンも交えて重くならないように配慮されていますがいかんせん主軸が重たいので、まさにウルトラブラックです(笑)

最初は前野さんがドラマCDに出演しているので前野押さえで聞いたけど話の設定にとても興味が出て、原作へと遅ればせながら手を伸ばしたりしてみました。
すべてが過去へ過去へと絡まって行くので、読みにくいのですが設定は凄い好きな系統なので気になる!

東京近郊で11年前に発生した大規模災害?を主軸にそこで生まれてしまったロストチルドレンと呼ばれる能力を持った子供たちが色々を取り戻して【生きて行こう】とする物語だと勝手に私は解釈していますが、設定が大変よく作りこまれているのに、テンポが早いのと話の内容が超複雑で説明が少ない。
一読では内容の判別が難しかったり、単純脳の私には難しい作品ですが、それらを全部ひっくるめても先を読まないと落ち着かないなぁという気持ちにさせてくれるお話です。

最後の落とし所をどうつけてくれるか、今から楽しみです。

しかし、もっとテンポを落としてエピソードを増やして丁寧に進めていってくれたらもっともっと引きこんでくれそうなのになとちょびっと残念に思えたり。

まああくまでも私の個人感想なんでお気に入りの方がいたら申し訳ないです。
前野さんが演じていた、メガネ男子のヒコさん(戌彦)が超お気に★
主役が大ピンチに陥ってるのに、ヒコさんが無事であることでとりあえず良かったー♪とか思える白状ぶりです。
主役よりもヒコさん贔屓です。
声担当が前野さんだったから、という訳じゃないんですが私の好きな系統のキャラには前野さんの声が良く合うと言うことなんでしょうね♪

冷静につっこみを入れまくる、真面目キャラでぶっきらぼうだけど優しくせずにはいられない不器用さんが大好き。

ってウルトラブラックなお話だけに、オススメするのは難しいですが私も読みました!!という方がいたらいいなぁなんていう気持ちで書いてみました(笑)

あ、あと話変わって、SSの方ですが今ちょっと進行中が2種あるのでチマチマ書いたりしています。
もうしばし待っていてやってください。


1本はココのブログでは超王道的なお話で、もしかしたらR指定がはいるか?入らないか?の瀬戸際の所をチマチマしています。

あと1つの方は完成するか解りませんが完全なパラレルになると思われます。
パラレルどうかなと思いながらも、チマチマと進行中です(笑)
パラレルと言っても郁ちゃんや堂上さん達が全く違う職業になったりとかはないのですが。

もしも書きあがる事があれば公開させて頂くと思いますです。

その時が来ることがあったらどうぞよろしくお願いします★


それでは、皆様良い日曜日を!


07:00 雑記(日常・その他)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。