07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第一回まえのんを語る会 後編 

2011/02/16
おはようございます!

水曜日ですねー。
昨日は思ったよりも凍結していなかったので結局車で出勤してしまいました。
無事に行けてよかったものの、少し早目に出たので席で待機していたら、どうやら内側から開けるドアノブが壊れていたらしく、出て行こうとする人みんながドアノブが取れて「あれ?!」とビックリしていました。

6人くらい同じコトをしていて、なんだか一人でドッキリ番組を見ている気分。

そして、思った!もしも資料室に堂上さんと郁ちゃんが資料を返しに行ってさあ出ようって時になってドアノブがポロリと取れちゃったら?!

「アホウ!何やってるんだ!」
「軽くひねっただけですよ?!」
「貸してみろ――、これは付け根から折れてるな」
「押してみたら開きますかね?」
「……無理そうだな」
「ええ?!じゃあこの中で飢え死にですか!?」
「そんなわけあるか!寮に戻ってなかったら小牧達が気づくだろ。資料室に行ってくると言ってきたしな」
「あ、そっか。じゃあ――とりあえずまってるしかないですよね。ううう。寒いー」
「――コレでも羽織っとけ」
「え?でも教官、が寒いじゃないですか」
「寒さには強いから問題ない」
「えと、じゃあ。ありがとうございます。うわ、あったかいです」
「そうか」
「なんか、教官の匂いがします」

なんて言われちゃって、堂上さんアッツアツになってしまうだろうという妄想が朝からグールグール。
当然カゼ引いて、熱出しちゃって。
王子様は大変だねぇと小牧さんにからかわれるといい。


そういえば、先日コメントで酒に酔った郁ちゃんの介抱する役は堂上さんが不在だと必ず手塚なのはなぜなのでしょう?!小牧さんはそんなにありえない感じでしょうかと聞かれて、小牧さんで想像をしてみたのですが――。

小牧さんスゲーんだ!すごく上手に回避するんですYO!(笑)
で、考えた結論

1.堂上さんの大事なお姫様だって解ってるから関わりたくない。
2.普通に面倒なので関わりたくない。
3.毬江ちゃんに誤解されたくないので関わりたくない。
4.小牧さんがついていたら郁ちゃんはつぶれない。
5.手塚が申し出た場合堂上さんなら断るが小牧さんはじゃあ頼むねとなる。


という感じで、色々なパターンが考えられたのですが。
小牧さんは酔った郁ちゃんの面倒をみるフラグが立ちにくいキャラかと。
いじられキャラじゃないので、面白みが薄くなるからなのかな?(笑)

あとで堂上さんがいじられるというオマケ付きならば小牧さんが介抱役でも面白いかもしれない。と色々考えてみました。

小牧さんが笑顔で「今日は堂上もいないし。笠原さんお酒の量、気を付けてね」とニッコリ微笑む所が浮かんできました!

たねの結論:書けないことはなさそう(ありえなくはなさそう)だけど、なかなかハードルが高い(笑)


という感じでした★
このハードル飛び越えたい勇者がいたら、ぜひ介抱小牧さんストーリーをお願いします!(ええ!?)


あ、あと!先日コメントで教えて頂いたのですが、白泉社のモバイルサイト。
待ち受けバックナンバーのコーナーに昔の図書館戦争の待ち受けが上がっているようです!私もちゃっかりゲット。本当に初期のころのヤツですねー。

時々チェックしていたら収穫があるやもしれませんね!?

そして本日は昨日に引き続き、レポのつづきだったりしますスミマセン(^^;;

明日は例の4話くらいで終わる何かの1話目でも乗せようかと思いますので。
なんかまた辛気臭い?話だったりするかもしません。どうしてベタベタが書けないのだろう(遠い目)


長くて切れたらごめんなさい(ペコリ)








2時間でカラオケ脱出して一路自宅へ。
都営新宿線で九段下まで行くつもりが都営新宿線の乗り場が解んなくて焦る。
来た道すら戻れない。大都会新宿。

無事に家まで帰れた事が奇跡!

帰る途中に近くのサブウェイで、ななこなさん人生二度目のサブウェイ体験!(お住まいの地方にはほとんどないのだそうで)
なぜか、タイヤキを買ってくれた!ありがとう!ななこなさん。
私が食べ残した半分は翌日旦那が食べました★


そして家に到着。旦那は猫にご飯をあげてから姿を消したので、にゃんずはお客様にどビックリ!
姫たちは逃げ、オッサン王子は近寄っていき、サバだけやたらとマイペース。
ななこなさんはもう王子とさっそく戯れてくれました。

「王子はどの子?」って聞かれてちょっとオドロキング!
そういう意味じゃなかったのでしょうが。

ウチのは皆柄違いなんですぐわかるのかなーと。勝手に。
デブリ姫だけはすぐ解って頂けましたが(笑)
姫たち即逃げで申し訳なかったです(トホー)

夕飯がサブウェイにタイヤキに、カップスープというセレクト!
人を招いて食べる食事じゃない?とか思ったけど、私は料理が壊滅的なのであえて出さない選択で!

一人暮らしの時は誰も料理出てくるとか期待しないけど家庭持ちになると料理出てくる気がしちゃうのって不思議だよねなんて語るたねはただモノグサなだけです。
ここんとこ旦那に家事任せっぱなしですので(ええ?!)

こんなもてなしのない招待なのに。すげー立派な梅干し一袋に一粒入ってるアレ!
生まれて初めて頂きました。
2011021507.jpg
2011021508.jpg
シワっと具合とかなんだか違うものに見えそうになるけど、ヤラシーもんじゃないよ!梅、だからね(アタリマエダ!)


「お、お高いんでしょ?でも――いいんですか?」な心境だった(笑)
大変恐縮でした。実はかなり梅干し大好き夫婦なので超嬉しかった!
自分ではなかなかスーパーのお安いヤツしかたべられないですので。

(早速おやつ(←オイ!)に食べたら、超美味しくてビックリ!しょっぱさ酸っぱさが少なめですごく高級なお味でした。お高そうだよねぇと後日旦那に呟いたら、旦那から値段検索するんじゃないよってクギ刺された(笑))

すっごく長い時間一緒にいたのに。何しゃべったか覚えてない症候群。
でも多分SSの話ばかりしました。

そしてななこなさんが、読みそびれていたエスキユさんと合同で作った合同誌、棘のない花とTIMEDROPを読みたい!と言う事で本棚からご自由にどうぞとレンタル。
私はななこなさんが持ってきてくれた4冊ほどの同人誌をサクサク読み、エロシーンにウハッとなりつつ顔はカチカチに固めておきました。

にやけるからな!(笑)


が、ななこなさん読むのゆっくり!!
私四冊(厚さもありますが)近く読んだけどまだ1冊目の半分ちょっとで、凄い噛みしめて目の前で読まれるってなんか恥ずかしいね!と思った。
合同のやつだったからそうでもないですが個人誌だと結構羞恥プレイとか思った(笑)

郁ちゃんにとっての鏡の前プレイ的な(羞恥すぎ!?)

そして――いつも10時半就寝のたねなのに、既に時計はは11時半を回り、寒くなってきたので「ちょっと、風呂入っていい?」と客より先に自分が入る(ありえねぇ!)
旦那がいたら、それは駄目でしょと怒られる所だ!

でも入った。しかも好みも聞かないでかってに自分のスキなバブ ゆずの香りとか入れる(酷)

しかも、いつも通り半身浴しながらジップロックin iphonでアニメ【こばと。】を1話(約23分?)見る(待てよ!)


いいお湯だったーと出て行ったら、ななこなさんまだ熟読中だった!すごい集中力だよ!

この後お風呂に入ったななこなさんの入浴シーンを覗き見しようとする痴女:泣き虫姫。
超隙間から覗いてた、ナゼ?
2011021505.jpg


そして、もちょっと読みたいというななこなさんを寝室に案内。

私はパソコン部屋にお布団を敷いたので、ゆっくり読んでていいよ!と言い残してお部屋にこもったものの。
緊張で眠れなくてゴロゴロ。
床は固いね(実家からいい布団を借りてこなかったから!)

コメントから今、例のララの待ち受け落とせるサイトでバックナンバーのダウンロードが出来る様になっていて昔の図書戦の奴が上がってますヨ!という情報を受けてゲットに向かう(笑)

真夜中2時半に。

そして突然侵入してきたニャンズにびっくりして、お外にだしつつ、ななこなさんの様子を覗いたらば――

寝ていた!!!

電気つけっぱ!

スゲー点けたまま寝られるんだ?!と思いつつ。そっと電気を消してドアを閉めてみたりした(笑)
堂上さんなら、ったくお前はとか言いながらとりあえずほっぺにちゅーくらいはすると思うけどな!


結局自分は緊張して3時くらいまで起きていて6時半にいつも通り起床し猫ゴハン。
ななこなさんは、いつも休みの日は10時くらいまで寝ちゃうよと言っていたので、勝手に朝ごはん(ええ?!)
そしてそのあと、9時過ぎまでひたすらパソコン。

ブログを書いて、メールを書いて、小説まで書いた(笑)

そんな事をしていたら「遅くなっちゃったー」とななこなさんが起床。
電気つけっぱだった話をしたら「嘘?消してなかった?」と。

ウッカリなななこなさんは低血圧なご様子。
昨夜半分残っていた【モモカルピス】が朝になくなっていたのがなんだかドキドキした。(なんで?!)

数あるジュースからあえて、【モモカルピス】をセレクトしてきてくれたのは私と関係あるのか知りたい感じ(笑)

そしてななこなさん、起きると同時に再び「昨日読めなかったー」と同人誌読み始める!
「とりあえずゴハン食べたら?」とか勧めるたね。

朝ごはん、買ってきたパンと昨日のカップスープ、以上。

あれー?!

ウン、そんなもんだウチに来ても。
私の最近の朝食は肉まんとソイジョイorバナナとカップスープor味噌汁とか秩序のないアレソレなのです。

そしてそして!
ご飯食べるなり、ななこなさん「もちょっと読んでいい?」と再び読書!溢れる情熱!
私はどうしたら?と悩んだ末、パソコンしてるから終わったら呼んで?と言い残して二階へ。
来客中に小説書く人ってどうなんだろと思いながらも、ちょうど盛り上がってる所だったので意識を飛ばす事1時間くらい?

いつまでも戻ってこないななこなさんなので様子を見に行くと――。

寝てた!


「ななこなさん!何寝てんの!」と思わず突っ込む(笑)

いや、気持ちは解るのだが!

そして二人着替えたり、準備したりアレやコレやして、同人誌も重くなかったら貸したげるよなんて話になり、じゃあ!と言いながら、ななこなさんマトカリさんの本を電話帳1.5冊分くらい?お持ち帰り(重くないのかい?!)

そして来たら一緒に食べようと思っていたお菓子結局食べられなかったので、袋詰めにしてプレゼント★
大したものじゃなくて申し訳ないけれどそこは気にしないで(ちょ!)

夜行バスでお帰りだという事で結構時間があったので、昨日のリベンジ!
絶頂しに行くか?!行っちゃうか?!と言う事でまたしてもカラオケ。
近所のはいつでもフリータイムをやっておるのです。

あんまり水分取らない私は利用した事なかったものの大量水分派のななこなさんの希望でドリンクバーを付けた!
1500円て、ドリンクバーだけで1500円なのかと思ったら、フリータイム+ドリンクバーで1500円らしくビックリ。
安いのだね?

知らなかった―私はモトが取れませんが、たくさん飲む人には素晴らしいシステム!

そして、とりあえず昼ごはん。
メガポテトとえびとアボカドの生春巻き。

それだけで私は満腹★
↓これ二人でくった。
2011021506.jpg
そして絶頂的Vitaminソング4曲を歌う、しかも二周!

あとは普通の歌手の歌、歌うかなという、ななこなさんの言葉に普通の歌手の人が歌う歌を必死で考える。
普通の歌手、普通の歌手と呟いていたらななこなさんから「普通の歌手って別になんていうか、声優さんとかじゃないって意味で――」と言われてハッとする。
決して嫌味じゃなかったんですよ?

普通の歌手の人が歌う歌で歌えるヤツを探して頂けだったのですよ!とここで言い訳(笑)

結局セレクトがまた微妙――。

中島みゆきとか歌う、私のセレクトはほんと微妙。でも熱唱(自己中?)

テンション下げまくるから、私は一人で歌っていた方がいいと思うんだ!
まえのんの一人酒のように(笑)

ななこなさんが自ブログのタイトルにも使ったというお気に入りの歌を熱唱してくれて、ウオーと思った。
素敵な歌詞でした。走ってる感じが郁ちゃんぽい!と盛り上がり★

そういえば私のブログ名って怪しい新興宗教みたいだよねと告白するとそんなことないよーとフォローしてもらう。
本当だ!と言ってくれた人は未だかつていないけれど、どう考えても【幸福の花のたねです】と言うとかなり宗教っぽい感じがする(笑)もしは何かの団体的な?!

あるいみHEN隊活動をしているから団体には違いないか??
もしも教団的な何かにするなら、旗には桃と剥けたバナナを絶妙な配置で載せたいと思います★


歌よりもひたすら語っていた感じで気付けば6時半!(1時くらいに入室したはず)
帰りは10時に東京駅集合だというので早めにと言う事で支度をして出発。

東京ならば海浜幕張まで送れば一本の電車で到着できるので、送っていくつもり満々だったものの自分が運転していくと停められる場所がないので切符を買う所まで見送れない!と
急きょ家でナベ食ってた旦那に電話をかける。

「今から海浜幕張まで行くから、運転して」
「はあ?!」
「自分で運転したら、見送ってあげられないから★」
「あー。うん、いいけど」

と言う事で!一度家に戻って旦那と運転手交代!

旦那が気を使ってななこなさんに一生懸命話題をふってるあたりが、透けて見えてなんだか面白かった。
しかも、ななこなさんがたねっちたねっちと呼んでもそこは突っ込まず。

「図書館戦争がお好きなんですか?」とななこなさんに質問する旦那。
「大好きです!」と答えるななこなさん★
「前野さんが好きなんですか?」と再び質問する旦那。
「前野さんも大好きです!図書館戦争も前野さんも大好きなんです!」と力説されて旦那がオオ!となっていた(笑)

勢いに弱い男、旦那。特技は今にも消えそうな儚い笑顔。目印は蹴り飛ばせば折れそうなほっそい足……。

私のオンオフどちらの友人でも実は旦那にあった人はななこなさんが始めてだったりする。
絶対、自分の役割がなければ旦那は私の友人に会おうとしないのだ(結婚式も海外だったので親族のみ)


道が結構すいていたので、すぐに海浜幕張についてしまいついにお別れな瞬間。

ななこなさんがそれじゃあまた来月!(別のオフでお会いする予定があるので――)
と両腕を伸ばしてきたので、一瞬ビクっと身構えてしまった。ゴメンなさい(叫)

私、スキンシップが恐ろしく苦手ないきものでして(笑)
でも別に嫌な訳じゃなく緊張するだけですから!

恐らく、ななこなさんにビクリが伝わったのか、握手に変更。

ほんとスミマセン。

多分郁ちゃんを抱き寄せるときにこんな風にビクっとされたら堂上さんはためらうんだろうな?!とか思った。
それは、スゲー萌えるんですけどね(笑)
「嫌な訳じゃないんです!」という郁ちゃんのセリフがこうグルグルと。

なぜだろう。緊張するんです(笑)


でも手のぬくもりできっと想いは伝わったはずさ!

またね!と立ち去るななこなさん。

たねは、迷った。

「ななこなさん!その改札ゲートは切符を入れる所がない奴だから!!」

と叫ぶかどうか。もちろん、ななこなさんも「あ!」となって隣の切符入れられるやつに吸い込まれていきましたが(ななこなさんは吸い込まれてませんよ!)



そんな最後でした。(死んだみたいに聞こえるなコレ)



その後、車でお家に帰り旦那が作っといてくれたお鍋を食して風呂に入り。
旦那の一日を聞いてみた。

昔住んでた町をブラブラして、なぜか巣鴨に行ってみた、と。(スガモ?!)

ただ商店街があるだけだったらしい。せめて上野とかの方がまだ何かあったのではないだろうかと思ったものの旦那は巣鴨に行きたかったらしい。
昔通っていた、渋谷にある会社にも寄ってみたらまだあった!と。


実はオリジナルで書いている、【もしも、明日が……】の舞台は昔自分が通っていた会社とその界隈をモデルにしていたりするのでした(笑)
人物はすべて想像上のものなので舞台だけ、ネ★

とまあそれはどうでも良くて、お客様の去った我が家はにゃんずもちょっと落ち着きがなく?
オッサン王子は旦那の帰還が嬉しすぎてもう膝ベッタリ。

帰ってくるなり乗っかってずっと寝てるとのことでした。


まえのん語る会といいながら。まえのんを殆ど語ってなかった気がするけれど、色々たっぷりお話できておもしろかったです!
またの機会があったら、ヨロシクお願いいたしまする。


今度はななこなさんの隣で寝ちゃおうかなー。ウヒヒヒとか想いつつやっぱり別のお部屋で寝ちゃったりするたねだろう。きっと(遠い目)


こんな所まで読んで下さった皆さま!

悪天候の中遠路はるばる、東京、千葉まで来て下さったななこな様。

ありがとうございました!


三月のとあるオフで面会させていただく皆様、どうぞよろしくお願いいたします★と言う事で、まえのんを語れなかったらしい会(タイトル変わってる!)これにて終了です!


お疲れさまでしたー!

自由を掴め!(意味不明)


07:00 HENたね 活動録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。