09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

姫とヤクザ? =ねこにっき=

2009/12/20
皆様、おはようございますー。

日曜日ですね。昨日は、朝イチで病院だ!と旦那を送りだして準備を整えて8時半に病院に到着しました。
そしてまだお掃除中の所、とりあえず診察券だけ入れさせてもらおうとしたらなんと!!
8時半の時点で既に三番でした!!

番号札を渡されるタイプの病院なので、3番?!とビックリしましたよー。
そして待つこと30分診察開始の9時にはすでに番号札10番まで行きました。
ドンダケ人気なんだろうこの病院。。。。
無事にお薬を頂いて帰ってこられました。例の一粒300円な。

そして帰ってきたら旦那実家からゆうぱっくが!
オーなんですか?!と思ったらお餅が入っていました。丸餅。
ああお餅大好きなんですよー。

でも、おもちって太るんですよね?
すごく太るんですよね?!1個がご飯茶わん一杯分のごはんに相当するって本当ですかね?
三個くらいペロっといけてしまいますよね(オイ)

特に醤油。鮮度の一滴はいつでもフレッシュで凄いんです。
もうコレじゃないとダメだーと旦那が叫んでいました。

長い間キッコーマ●にお世話になっていましたが、これからは鮮度の一滴一筋になりそうです。
本当に凄い!色が濃くなったりしないんだ。
とはいえ量が減ってくると少量出すのが難しいんだけど。デザイン的にしょうがないというか(笑)

鮮度を保つのが唯一かつ絶対の価値だから出方に色気もなにもありません

てな具合で(笑)

ああ、別1のあのシーンは何度思い返しても口元ヘラっとするなー。
堂上さんは嬉しくって嬉しくってたまらなくなったんだろうなーと。

お前の価値は下着じゃない!中身だ!!とね♪

あのシーンの堂上さんは本当に余裕がないですよね?
なんせ郁ちゃんが着替えて戻ってきた途端上半分一気に向いてスポブラをバンザイで脱がせちゃうんですよ!
せめて、ちゅーくらいした後にそっと前をはだけてなんか一言くらいかけてくれても?
なんて思ったりしたのは多分私だけじゃないはずだ。

いきなり全部剥きよりちょこちょこ剥いて端から食べて行った方が――
って何の話だ(笑)

その辺り小牧さんだったらぬかりないんだろうなー。
初夜は絶対まりえちゃんハタチの誕生日だろう。そうだろう。
一日だって待てないだろう(オイ)

郁ちゃんとは違う意味で声の事を気にしちゃうまりえちゃんとは、いいホテルのお部屋でルームサービスでお祝いだ。
そうすれば、静かだし大きな声で安心して話せるもんな。
多分誕生日を一番心待ちにしてるのは毬絵ちゃんなんだろうなー。

郁ちゃんよりも大人だろうから、友達は皆してる。なんつって小牧さんを困らせてきたに違いない。

なーんて考えてしまいました。





むかしむかし、あるところに
ふっさりとした毛皮を持つ、それはふくよかな姫がおりました。

姫はその夜もお気に入りの椅子でくつろいでおりました。

たね「寒くなりましたねぇ。姫」
姫「……この席は譲らないわよ」
(この席は本当は私の定位置です。そして冬一番温かく、夏一番涼しい席なんです!!お茶を取りに行った隙に奪われました。。。)
09122001.jpg


が、しかしこの座り方、萌えーーーーとなりカメラを手に撮影会。
もちろん携帯を手にした旦那と2人姫を取り囲み。
たね「姫!こっちみて!ハイ!いいよーーカワイイよーーー」
旦那「こっち、こっちも見て!ああ、いいねぇ」
たね「足は閉じないでね。そうそうもうちょっとけだるげな感じで!!」


とエロ写真撮影現場ってこんな感じですか?的な異様なハイテンションでおすわりんごのデブリ姫を撮りまくっていると――

09122002.jpg



ヤクザ王子「オウオウおめーらなにやってんだぁ?ああ?」
姫「ちょ!なにこのヤクザ!この席は私のものよ!」

09122003.jpg


ヤクザ王子「おうおう、そんな事言ってられるのも今のうちだけだぜ。ヒッヒッヒ」
姫「何をする気なの!!」

たね「きゃぁ~姫~!!あぶない!!」


ガブリ

姫「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
09122004.jpg


たね「ひめぇ~~~~~~~~」



ヤクザ王子「クッケッケ。これでこの席は俺のもんだ」
たね「なんと言う事を!そこは私の席だ!」
ヤクザ王子「ああん?お前もヤルか?!」
09122005.jpg



「や、る、の、か?!」
09122006.jpg


やってやろうじゃないかと腕をまくったたねの肩をポンと叩いたのは笑顔の旦那。

「王子はそこがいいんだって。ほらオレの席に座りな」

寒い旦那席に誘導されるたね。
「私が座ったら、旦那はどうするの」
「俺は大丈夫、立ってるから」


本当に立ってました。この人。


一応四席とパソコン用のいすがあるのですが二席はモノがあったりして座りにくいので
あまり座らないんです。

王子をどけたら座れるのに、旦那は猫がいる時は自分が立ってでもどかしたくないようでありんす。


ちなみに王子だけが特別じゃなくてこれが姫達でも旦那は絶対にねこから席を奪いません。
私は奪われまくっているのに。

そして奪い返すと唖然とされます。

「だって私の席なのにーーー!?」と叫ぶたねは子供がいたら絶対に張り合うタイプだねと旦那に冷静に突っ込まれています。

子供と張り合ってはいけないのでしょうか?
競争相手はいた方がいいだろう?(微笑)


07:00 雑記(日常・その他)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。