09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

気長連載 RoomShare 17

2009/12/14
おはようございます。月曜日ですね。
本日もご訪問ありがとうございます。

そして拍手やコメントを頂き、励まされながら土日もせっせとパソコンパチパチに明け暮れました。
なんか妙に具合が悪いのが月の使者の前触れだよね?と思いながら一週間。
それならいっそ、健康診断の先までご訪問を待ってくれたらいいなぁなんて淡い期待を。

昨日の日曜日のたね家は凄かったです。
旦那は5時半起きでにゃんずにゴハンをあげて、テレビを見ていたらしく私が起きた時(7時半)にはちょっと二度寝してくるねってな具合でした。

入れ違いで起きたたねは、朝食に餅を食べつつテレビを見た後トモコレとパソコンに勤しんでいたのですが12時半に電池切れ。何か食べたいのにロクなものがなくて本気で泣きそうになりました(子供か!)
ご飯だけでもたいておけばよかったと泣きながら冷凍のご飯をチンしてお茶漬けを食べましたが、旦那はついに起きてこなかった!

その後パソコン部屋にこもること数時間。
にゃんずが騒がしくなりました。猫の夕ご飯タイム。

が、見ればダンナは猫にたかられながらまだ寝てる(凄い!)
結局夜ごはんまで起きてこなくて風邪だ。と言っていました。
風邪なんだ?!

という訳で風邪菌がたね家に蔓延中。


としょかん島の方は皆さん寝たり起きたりと色々活動さrていましたが
【いく】と【きょうかん】がどんどん下り坂。
最後の手段?で生年月日を変えました。
運命過ぎるとダメなのかもしれない!と。

すると不思議なことに少しだけ上昇、なんとか【まあ好き】から【好き】に。
もっと仲良くするんだよーとお願いしているのに【いく】ちゃんてば【きょうかん】が来ているのに一人で携帯電話しっぱなし。携帯なんかあげるんじゃなかったわ!(オイ)

【きょうかん】は怒るでもなく見守っているのですがコクリコクリ居眠りしたりじっと【いく】の電話が終わるのを待っていてかわいそうだった!

そのころ【エスキユ】【アイカタさん】カップルはラブラブでパソコンをする【エスキユ】さんを【アイカタさん】が微笑みながら見守っていました。
ラブラブハートが飛びまくりです。

が【こまき】【まりえちゃん】のちょっと不満がつづいていて離婚の危機を迎えそうです。
そしてなんと!ロリカップルな【てづか】と【さくら】(デブリ姫)結婚!inイタリアでした。

うおーーーーー。
なんでだー【てづか】ってば【おりくち】と恋愛した後の【さくら】とのゴールインなのにその間【いく】と【きょうかん】はずっとラブラブなのになんで結婚しないんだろう?!
やっぱり性格の不一致なのかしら。。。。。。。。。。

まだとしょかん島ではカップル破局が1件で離婚は0件ですが初の離婚事例になりそうなのがカップリング通りのゴールインをした二人とはorz


なんか知らないけど何にもしなくても【たね】【たいちょう】と【ダンナ】【しばさき】だけはかけがえのない人のままピクリとも変動をしないのです。一体どうなってるの?!


そんなマンションの二階で【イツキ】【さやか】が良く一緒にいるのを見かけるようになってきました。
こっちも来るかな?!とドキドキしつつ、ウォッチングです。
なのにお互い【合わないかも……】って!!!

本当にウォッチングズキだとはまりますねトモコレ。
買っちゃいましたーーーという皆さんはどうですか?

順調ですか?

【大好物】見つけられてますか?私は【たね】の大好物しか見つけられてないんですよーう。
しかもそれが【ようかん】て。なんかフクザツです。



堂郁 年齢フリー 恋人前 テーマ:突然、ルームシェア?!




オイ!ちょっとまて!という堂上が止める言葉も聞かず、そのまま一気に表道路まで走り出てチラリと振り返ってみたが
堂上が追ってくる様子はなかった。
「……へ、変だったよね?でも、でもどんな顔していいか解らないし」
教官だったからいいんですとかいきなり言われたって、なんか恩着せがましいよね?!

ていうかむしろ教官の方が後悔してるんだったら、あたしの方がごめんなさいとか言うべき所だし!


半泣きになりそうな自分を叱咤しながらしばらく歩いてから気づいた。

「あ、荷物忘れた」

財布も時計もカギもバックすらも何も持っていない、つまり手ぶらである。
さっきの堂上の呼びとめはこれだったのかもしれない。

かろうじて携帯だけはポケットに突っこんでいたので、柴崎に連絡を入れる事だけは出来た。

歩いて20分。

柴崎の借りているアパートは郁が同居させてもらっている堂上の仮住まいよりも明らかに基地に近い。
借り住まいになってから初めて訪ねたアパートは一般的な二階建の小さなものだった。
無機質な印刷で柴崎と表札の出されている部屋は二階。
チャイムを鳴らすと、見慣れた柴崎がひょっこりと顔を出した。

「あんたねー何時だと思ってんの」
「ううううううーしばさぎーーーーー」
「ばかっ。こんな所で泣かないで中入って頂戴。まだ追い出されたら困るのよ」

ったくあんたは何なのよ。と告げる言葉に棘はない。
静かに鍵が閉まる音がして郁は小さなタタキに靴を脱ごうとして気づいた。

柴崎の一人部屋にあるはずがないものがそこにあったのだ。
「だ、誰か来てるの?」
「ああ。いるけど、別に気にしなくていいわよ?」
「わ!ご、ごめん!!!」

柴崎に恋人がいると言う話は聞いた事がなかったが、タタキにあったのは明らかに男物の靴だった。
しかもこんな早朝だ。
自分の様に男が突然早朝から押しかけてくるというのもそれを柴崎が部屋に上げるというのも不自然極まりない。
つまり二人は夕べから一緒に過ごしていた、と言う事になるのだろう。

「か、帰る!また出直してくるから!」
「なーにを勘違いしてるのかしらないけど別にやましい事はないわよ?」
「だ、だって。あ、朝帰りってことだよね?」
「まあ帰っちゃいないけど状況としてはね」
「すごいお邪魔しちゃった。ごめん」
「だからー。なんで一緒にいるイコールなんかしてるになるのよ」
まあいいか入んなさいと腕を引っ張られて郁は引かれるまま室内に足を踏み入れた。
そう広くないワンルームというか1Kの部屋である。
一歩踏み込めば、玄関から死角になっていた場所に見覚えのある人物の姿が見えた。

「え。あれ?て、づか?」

ベッドに背を持たせかける様にしてぐったりしているのは明らかに手塚だ。
ピシリと整えられたベッドには皺ひとつない。
しかも手塚の様子が――。

「何?手塚どうしたの?」
「あー。飲み比べ?」
「のみくらべ?!」
「っそ。なんかこんなアパートなもんだからあたし狙いの男が次々来る訳よー。で、いちいち断るのも面倒だからちょっと手塚に協力をね」

まああんたが思ってるようなお色気満点な話じゃーないけど、皆があんたみたいに単純だと助かるわーと笑う柴崎はもう一つクッションを出して郁に勧めた。

とりあえずぐったりしている手塚の意識は今の所ないようなので、郁は起こさないようにそっと勧められた場所に座り込む。

出された温かい紅茶は柴崎が朝に良く飲んでいるもので、ほんの何週間もたっていないのに酷く懐かしい香りがした。






という訳で4番普通に柴崎の部屋まで一直線でした。
でも手塚がいたので微妙に5番チックな?

手塚の別件の用事は柴崎の虫よけ飲み会でしたというオチ(笑)
もしかしたら手塚にしては願ったりなのかもしれませんがね★

手塚君、こんな状況に陥ってしまったわけですが果たしてどうなる。
郁ちゃんは無事に誤解を解いてお部屋に帰れるのか?!

ルームシェアが同棲生活に変わるのか!乞うご期待!なんつって(笑)

堂上さんは今頃部屋で、シーンとしているのでしょうかねー。
07:00 図書館SS(堂郁)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。