07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

図書館戦争 4巻 ネタバレ

2009/09/06
皆さま、おはようございます。
日曜日ですね!

これから肉貰いに行ってきます。
肉ー肉肉。
誰か腹肉もらってくれないかな(笑顔)


そんでもって。昨日やっと図書館戦争4巻手に入れました。
これは叫ばなきゃダメでしょ?!ってことで久しぶりに感想ー。
いつもどのくらいネタバレマテばいい?って思う間にノリ逃すから☆

図書館戦争4巻買ったかー!?

読んだかー!?

叫んだかー!?


この先ネタバレバレです。注意です。





帯からキターーーーーーーーーー!


草食系男子じゃ満たされないあなたへ・・・
男の中の男お届けします。


お届けされたー!肉食なんだな堂上!肉食なんだな!!!!!
早く『にく』を食ってしまいなさいと叫んでしました。
男の中の男のカットに堂上篤教官て書いてあるよ。なんかフルネームに教官てつくと新鮮♪

ピンポーンお届けです!

あ、堂上教官キター!という気持ちで受け取れる訳ですね!


そして帯裏、どうなる郁と堂上の未来って!!!!

結婚カーーーーーーーーーーーーーー!(チガウけど違わない)


本編で読まれた方はご存知かと思いますが今回おいしいシーンの詰め合わせ最高級ボックスでした!!!!!!

堂上さんもスキって言っちゃいなよ!
郁ちゃん、スキスキって言っちゃいなよ!!

はやくーはやくーと読者を焦らす二人にバンザイ(笑)

ちなみに今回のスペシャルヒットはオマケ巻末漫画でした。
なんだこの二人最高に面白いんですけど!

弓先生のギャグ?センスに脱帽です。
こうやって、『もしかして』の路線からどーんど脱線していくんでしょうね。
もしかしなくても郁ちゃんの『ニブチン』をそだてちゃったのは堂上さんなんじゃないですか?!(笑)

そして今回もオマケ四コマにやられまくりでした。
なんて面白いんだろう。

もぶ朗さん頑張れ!!!!!!
そして手塚がもしかして二人が!!!と心配している所が可愛かったー。

その前の堂上さんが郁ちゃんにちゅーする勢いで近づいている所にきてお茶の缶を落としてくれたらいいのにと思いました。
そして堂上さんが『手塚!これは違う!!』なんてあわてて。
『いえ、自分は――その何も見ていません』なんてどーんと落ち込みつつ落ちたお茶を拾い、新しいの持ってきますとくるりと!

その後に堂上さんが、自分のやっちまった失態を郁ちゃんにヤツアタリのコーナーがいいかななんて。

そして手塚は泣きながら汚れたお茶缶を握り締めて、誘拐されたのが俺だったら!!!
堂上二正も今頃俺を!
なんつー訳のわからない心の叫びと共に走り去る所まで想像してしまいました(笑)


この辺数行は感想じゃなくて妄想です。そんなシーンはありません☆


そして番外は、わんちゃん編でしたねー。
この話スキダー。

どんな犬でも結局最後は堂上さんになついちゃうんだよね!!!
郁ちゃんとか手塚とか(手塚だって犬要素満載ですよね!?)

堂上さんは凄い、部下キラーだから♪

もしも犬なんて飼ったら堂上さんはやきもち焼いて大変そうだなー。
俺よりそっちなのか?!なーんて大人気ない堂上さんがみたいです(笑)


もうね全体的にスゴイとしか言いようがない。

あのシーンもこのシーンもそのシーンも妄想力を増幅してあまりある!!

堂上さんの手をつかんで自分の頭に持っていた郁ちゃんならいつか。その手を自分の胸に乗せることさえやってのけるに違いないと思った!

「胸がないから!きっと嫌いになります!」
「アホか!」
「アホじゃありません!触れば解ります!」
なーんて言って強引にタッチさせる所が浮かんできました。
ビールげっふーじゃ済まないですね。

服の上からじゃ解らん。
見せてみろ。と強引に――ゲフンゲフン(自主規制)
そんな所まで考えてしまい肝心の本編のあまあまをえろえろにすり替えてしまいました。



本編読んだ方もぜひ購入して皆で弓先生を応援しよう!
いつか必ずや!!!別冊1を描いて下さいますようにと(笑)



LaLa版堂郁ばんざーーーーーーーーーーい!!!!!



じれったくて背中カイー!!!!


先が楽しみですね!!!!!!
本編の感想がほとんどないって?ウン。
本編はほら、出るたびごとに心で絶叫し続けていたから(笑)


読めばわかる!このスゴさ!
ピックアップできる所が選べないスゴさなんです(満面の笑み)





07:05 感想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。